2006年9月21日

健康福祉常任員会傍聴

 健康福祉常任員会を傍聴しました。
 幼保一元化については、健康福祉常任員会にて議論する前に、そのことについて理解を深め、審査するのが効果的として、各会派での勉強会が提案され、委員会としてもこれを承認されました。
 したがいまして、各会派は、10月1日〜15日の間に幼保一元化の検証をしっかり行わなければなりません。   

2006年9月19日

総務教育常任委員会

 総務教育常任委員会を傍聴しました。
学校給食についての請願の審査です。
 <請願事項>
 1、自校方式による学校給食を継続してください。
 2、結論を急がず、広く住民の意見を求め、今後の学校給食のあり方を慎重審議してください。
 この請願について文字どうり慎重審議されました。いろんな視点、角度から議論されました。結果は継続審査すべきものとして本会議にかけられます。
 
 それにつけても、○○党議員団の面々が、委員会の最中、いろんな局面で一般傍聴者に話をされに行かれるのが奇異に感じられました。

2006年9月17日

米原発 一豊・千代・孫作ゆかりの地 時代まつり

 今日の天候を本当に心配していました。皆さん同じ思いだったと察します。
 なかでも公民館や実行委員会また、市の担当課の方々、そしてイベントに参画される皆さん、天気のことはもちろん、色んなことに大変な思いをされて今朝を迎えられたと思います。
 木村プロダクションの方、昨夜は良く眠れましたか?
 郷土の魅力をしっかり発信していただきました。
今日、明日、来年、未来づうと発信し続けたいですね。
null
null
null
null
null
null

2006年9月16日

「出口のない海」

 横山秀夫原作と同名の映画を見てきました。
 日本海軍の最終兵器「回天」(人間魚雷)の特攻隊員の物語です。
 自分の身動きさえ儘ならない狭さや、一旦乗り込めば前へ進むことしか出来ず、脱出装置もない、海の中の真っ暗な密室、そんな兵器を使った自爆作戦が決行される。
 回天操縦の厳しい訓練に耐え、来る日のために切磋琢磨する搭乗員たち、何を思い、何に生きがいを感じていたのか。
 主人公のかっこ悪い死に方のリアルさで、特攻隊員を美化することなく、痛ましさを一層感じさせ、胸を打つ感動映画でした。

2006年9月16日

功名が辻まつり

 16〜18日の3日間、近江公民館を中心会場に現在放映中のNHK大河ドラマに関連付けた、時代まつりが開催されます。
 明日に予定されています武者・姫様行列に使われる厚紙で作られた「鎧兜」や子どもたちが乗って練り歩く「輿」また、大河ドラマの滋賀県内での撮影風景の様子を写した沢山の写真を公民館で見てきました。
 たまたま木村○樹プロダクションの方にお目にかかり、薦められるままに何枚かその写真を購入しました。
 甲冑の材料は、厚紙、さらし、古着その他廃材利用で費用を抑えられますが、制作に要する時間は一体200〜300時間とのこと。労作の数々必見の価値あり。
 公民館の職員の方々、ボランティアの皆さん、関係者の皆さん、明日のお天気が良いように、そしてこのイベントの成功を祈ります。
null
null
null
null
null
null

2006年9月13日

給食のこと

 議会は今日、明日と一般質問が行われます。
 近江地域の自校方式の学校給食を存続せよとの質問がありました。
 そのことについて、私のところへもいろんな方からメッセージが届いています。山○さん、宮○さん、億○さん、○脇さん、北○さん、○宿さん、福○さんありがとうございます。
 皆さんの意見や、見解を異にする方々からのお考えをお聞きしながら、自分なりにこの問題に真摯に取り組み、浮かび上がったいろんな問題点を分析、検証した結果を踏まえ、来るべき時に議員として態度を表明するわけですが、私の導き出した結論にはきちっとした説明責任を果たします。
 新しい米原市のまちづくりをこうしたい、との熱い思いで議員にならさせていただきました。地域の発展や皆さんの幸せのことを真剣に考え、行動しているつもりです。
 旧4町が信頼と思いやりの精神で合併した米原市です。
 広い視野をもち、バランス感覚を持って私の結論を出します。

2006年9月11日

決算特別委員会3日目(最終日)

 冒頭、平成17年度一般会計の決算認定の採決が行われ、当委員会として、原案通り可決すべきものと決しました。そして引き続き、国民健康保険事業特別会計をはじめとする14の特別会計の決算審査を行い、慎重審議のうえ全て原案どおり可決すべきものと決定されました。
 付託された全ての案件の審査が終了した後、委員長は、「本特別委員会の決算審査において、様々な意見や提案がなされたが、それらを後年度の予算編成や行政執行に反映するように」と当局に要望の発言をされ3日間に亘る決算特別委員会は閉会しました。

2006年9月10日

米原市防災訓練

 いつ起きてもおかしくない地震等の災害に備えて、各地域で防災訓練が行われていますが、わが米原市におきましても今日、午前7時00分〜11時00分まで蓮原農村公園グランドをメイン会場として米原市防災訓練が実施されました。
null
 エアーテントの中では、怪我の度合いで峻別された被災者が、手当てを受けます。
null
 赤十字奉仕団と米原市地域女性の会の皆さんによる炊き出し。
null
 泥水から飲料水へ
null
null
 本部長(平尾米原市長)は、訓練の閉会に際し、地元自治区の方々や参加機関に協力の感謝の意を表するとともに、「このような訓練を重ねることにより、また皆さんの参加を通じて防災、減災の意識が高まり、地域のあるいは米原市の防災体制が充実し、強化されるものと思います。」旨の挨拶をされました。

2006年9月9日

竣工式

 午前9時より、米原市寺倉地先で社会福祉法人・近江薫風会(村井 龍治理事長)が運営する福祉施設、スマイルディサービスセンターとスマイルグループホームの竣工式が執り行われました。
 仏式での式典 法師は、法輪寺住職 長野 了法様 
 祭壇の仏事の軸は、蓮如上人が、かつて、法輪寺に
逗留された際にお書きになった直筆のものです。
null
 役員の皆さん
null

続きを読む

2006年9月8日

決算特別委員会2日目

 今日も、昨日に引き続き平成17年度米原市一般会計の決算審査をしました。
 健康福祉部、市民部、教育委員会、土木部、都市整備部、議会事務局所掌の決算を審査しました。
 決算認定制度は、市民の皆さんや市長、議会にとってそれぞれに意義のあることですが、決算を審査して、認定についての結論を出す一連の過程を委員として経験することは、新米議員の私にとっても、行政の執行する多種多様な事務事業の詳細を理解し、検証することが出来て、これからの市の行財政を考えるうえで、たいへん有意義なものになると思っています。
 11日(月)は、一般会計の認定の委員会においての採決そして、特別会計の審査と認定に関する同じく採決が行われます。