2006年10月10日

祝 琵琶湖環状線開通

 琵琶湖環状線が10月21日よりいよいよ開業します。
 湖北地方の地盤沈下が懸念されるようになった昭和50年代からの悲願・京阪神との直通電車を走らせたい、が実現します。
 第一弾として米原〜長浜間の直流化は平成3年に実施されましたが、JR西日本の社内では「長浜方式」という言葉も生まれたぐらいに長浜駅の乗客数は急増しました。
 長浜市は観光客が増えたのはもちろん、通勤・通学の圏域が広がり、若者が定住するようになり人口も増加しだし、全国住み良さ?1都市にも選ばれました。
 
 鉄道交通が整備された今後は、この活性化の流れを止めることなく湖北地域の個性、特性を生かした地域づくりの取り組みに、みんなが知恵を出し汗を流さねばなりません。
 私の地元も北陸線の沿線にあり坂田駅を擁しています。良くなった利便性をしっかり生かしてまちづくりをしていくのが私たちの仕事です。私たちの新しい湖北づくりに頑張りましょう!
null

2006年10月8日

OB会

 きのう夕刻より長浜ロイヤルホテルで愛知大学OB会の幹事会がありました。
 湖東、湖北に在住するOBが中心となった、本年度のOB会開催についての準備の会です。
 OB会は他に正規の同窓会の京滋支部がありますが、それとは別に有志により立ち上げたこじんまりとした地域密着型のOB会です。
 秋深まる夜のひと時を共通する話題には事欠かなく、楽しく和やかに過ごすことが出来ました。
null
null

2006年10月7日

2006国際花市場

 花とのふれあい、自然とのふれあい、国際交流と市民とのふれあいなどの目的で、今日から11月5日までの期間でグリンパーク山東にて【国際花市場】が開幕されました。
 今朝、その開場式に出席しました。色とりどりの花々が約10万本並べられています。また、世界七カ国を代表する花も展示されています。
 今年で6回目の開催ということですが、この4月からグリンパーク山東は指定管理者制度が導入され、奥伊吹観光(株)により運営されています。 
 米原市の価値あるイベントととして定着、発展しますよう祈念いたします。
null
null
null
null

2006年10月2日

会派勉強会(幼保一元化)

 9時半からお昼まで、山東庁舎において、わが会派清風クラブは、「米原市における就学前の保育の改善・充実に向けて」のテーマーで、教育委員会ならびに健康福祉部よりレクチャーを受けました。
 0才児から5才児までの就学前保育・教育のあり方等について、よりいっそうの充実を図るため、米原市では、保育に欠ける子どもにも、欠けない子どもにも対応し、教育・保育を一体的に提供する。また、子育て相談や親子の集いの場を提供するなど、地域における子育て支援を充実する。このことを具体化するため幼保一元化を推進するとしています。
 伊吹地域での幼保一元化が来年4月スタート出来るよう、地元説明会の開催など準備が進められています。
 しかし、全市的に幼保一元化に取り組み、推進していくには各地域の事情をはじめとして、解決すべき課題があります。したがって時間をかけ、しっかり議論することが必要です。

2006年9月30日

米原市の学校給食の充実を求める請願

 昨日で、米原市議会第3回定例会の全日程が終了しました。
 標記の請願は、賛成少数で不採択となりました。私も以下の理由により、不採択の立場をとりました。
?自校方式を維持していこうとするならば、安心、安全の学校給食を確保しなければなりません。そのため各園、学校の給食施設、設備をフルドライ方式に変換する必要があります。が、
?まず費用の面から、ふたば幼稚園、坂小、双葉中にドライシステム化導入に掛かる建設等経費は、約五億四千二百万円。そして
?計画中の伊吹・山東統合センターに、近江地域の各園、学校の給食数(1000食)を供給するための建設等経費追加増は、約一億六千万円です。
?子どもの教育を経済的な側面で語るなといいますが、今の時代の景気動向や米原市の財政を考え、限られた財源を効率的、合理的に運用するのはとても大切なことです。それから、
?少子化や保護者の就労形態の多様化から、将来に保育園、幼稚園、小学校の施設状況が変化する可能性があり、校舎整備のことも視野に入れておく必要があります。合わせて、
?近江地域の他の教育社会施設の充実も考えなければなりません。双葉中体育館(公民館)、ふたば体育館(双中)も老朽化で、建て替えが早急にされなければなりません。また、20年度より3才児保育が始まります。園舎の整備も喫緊の課題です。
?合併で誕生した新しい市です。センターの給食は、均一、公平な行政サービスを受ける。というよりも、文字どうり「同じ釜の飯を食う」ことで新市の一体感の醸成に役立つと思われます。
?伊吹、米原地域は自校方式からセンターへの変更ですが、自校方式の時と同様の食育や感謝の気持ち等の食に関する教育はしっかり行われています。また、学校給食に求められるものは十分提供できています。
 私は、米原市の学校給食を以上の視点から検討しまして、現在計画中の伊吹・山東統合センターに4000食の調理、配食能力を持たせ、近江地域の学校給食を確保することがベターであるとの判断をし、行動しました。

2006年9月28日

米原市政務調査会

 午前10時より米原市政務調査会が米原市役所山東庁舎において開催されました。
 地元選出の県議 赤堀県議会議長、辻村県議会副議長をはじめ自民党県連政務調査会長、同副会長また、藤井、山下 両国会議員の代理の方々の出席を頂きました。
 国、県の平成19年度予算編成が始まっています。そのことを受け、本市の取り組む各種事業に支援・補助をいただけるよう事業の説明と要望を市長・執行部ともども保守系市会議員団がお願いしました。
 国、県におきましても景気の動向は回復基調にあるとの認識ですが、19年度の各当初予算は、本年度と同程度の規模になるとの観測です。(吉田政調会長談)
 財政の健全化、再編は重要課題ですが、メリハリのある予算編成で、地域の夢、また活性化推進が達成できますよう米原市の各事業に、さらなるご支援ご援助をいただきたいと思います。

2006年9月27日

「許認可手続き無料相談」の実施

 「相続の手続き、遺産分割協議書の書き方は・・」 
「会社を設立するには」 「外国人労働者を雇用するには・・」 「農地転用したいが・・」 「分家住宅を建てたいが・・」 「青ナンバーをとりたいが・・」 「自動車ユーザー登録や中古車の移転登録の方法は・・」、
 このような権利義務、事実証明に関する書類の作成や官公署に提出する煩雑な許可・許認可申請の行政手続きについて、滋賀県行政書士会湖北支部では無料で相談に応じる「許認可手続き無料相談所」を以下のとおり開設しさまざまな疑問に答えます。
10月7日(土)   13:00〜16:00 長浜サンパレス

2006年9月25日

産業建設常任委員会

 私が所属します、産業建設常任委員会が全委員(8名)出席のもと開会され、18年度の一般会計補正予算中、本委員会が所管する経済環境部、土木部、都市整備部所掌の事項について
 また、集落排水、流域関連公共下水道、東部土地区画整理の各事業特別会計および水道事業会計補正予算を審査しました。
 本委員会に付託されましたいづれの議案も賛成全員、あるいは賛成多数で原案どおり可決すべきものと決定しました。
 このことについては、29日(金)の本会議において、委員長より審査の経過と結果が報告されます。

2006年9月24日

本願寺参拝

 梅鶯仏教壮年会の9月例会として、「お西さん」を23日(土・祝)と24日(日)の一泊二日で参詣しました。
 私は、24日の朝、6時から本堂に参拝者が一堂に会されての勤行の後、帰敬式をお受けしました。
 帰敬式(おかみそり)とは、御門主さまから「おかみそり」の式を受け、法名を授かることです。式は厳粛そのままに執り行われました。
 このことにより、私は、浄土真宗の門信徒であることを正式に宣言しました。
 私の法名は、「釈 一行」です。
 法名は亡くなってからの名前ではなく、お釈迦様のお弟子としての名前です。
null
null
null
null

2006年9月22日

山下英利政治経済研究所 総会

 大津市のBホテルで11時より開催予定の総会に、一つの用事を済ませて9時半ごろ米原から高速に乗れば、十分間に合うはずでした。が、高速に入ってまもなくしたところで、交通情報の電光掲示板をチラッと見やると「彦根〜八日市間 渋滞 この渋滞を貫けるのに40分掛かる」とのこと。あぢゃー。           
 
 しかし、走っているうちに状態も緩和してくるであろうと、淡い希望を持ちながら走りました。あにはからんや彦根を過ぎたころから渋滞がはじまり甲良町地先の辺りで完全ストップ。うお゛う! やんぬるかな。
                                 
 総会には大遅刻で失礼してしまいましたが、懇親会ではいろんな方と出会え、またいろいろと情報交換もできました。会員の皆さんに感謝申し上げます。