2013年9月2日

第3回定例会

__ 米原市議会第3回定例会が、本日開会された。報告2件、認定11件、議案15件を審査することになる。

 その中には市長の公約である“中学生までの通院医療費無料化”への条例改正やその準備のための経費が上がっている。

 可決されれば、来年度4月1日からの施行となるが、経済的負担軽減の面から子育て世帯には大いに歓迎される施策だ。

 おそらく審査においては、制度そのもので議論はないと思う、ただ、助成を行う際の手法(現物給付か償還払い)についての議論はありそうだ。

 また、4日と5日が一般質問の日程になっているが、私は、4日に「米原市の交通安全対策」について質問をする。今回は、特に市民の意見や要望をしっかり踏まえた上での質問をする。やっぱモノ前やし・・。

 一般質問のできる範囲はどこまでかであるが、制限はないと考えている。しかし、議会の品位を傷つけるおそれのある質問や市の事務とは関係のない国政とか県、あるいは他市町の事務事業については対象外だと認識している。

 

2013年9月1日

ビバ フラメンコ

 嫁の友達が、ビバシティカルチャープラザで“フラメンコ舞踊”を教えている。今日は、秋の発表会であった。

 本日は、その西川先生に一人一人手をとって教えられた昔のお姉さま方が、その成果を皆さんに見ていただく晴れ舞台の日であった。

 日頃、先生から教わったこと、練習でつかんだものを生かして、力いっぱい踊った。

 芸ごと、習いごとは、感受性の豊かなうちに始めるのが、才能を伸ばすのに絶対不可欠の条件だといわれているが、今日その常識は打ち破られた!

 間近で見させてもらったが、豊満なボディが軽快なリズムにのって揺れ動くさまのド迫力、芸術的な踊りは、十分に私を癒してくれた。セクシー・・?

明日から私も元気で頑張れるというものだ。オレ、グアボ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

2013年8月18日

箱わな

 米原市においても鳥獣による農林業に係る被害は甚大である。24年度の農作物の被害額は約1600万円となっている。被害金額もさることながら、それにより農家の生産意欲がそがれることも重大な問題である。

 市では、鳥獣の捕獲や防護柵の設置等防止対策を実施してきたが、狩猟者の高齢化と減少、防護柵の未設置地域が被害にあうなど課題が山積している。

 担当課により現在、獣害対策のマスタープランを作成中であるが、被害防止策の円滑・迅速な実施のために財政措置もしっかり講じられなければならない。

 さて、先般私の畑のトウモロコシが何者かに襲われ被害を受けたことを記した。手塩にかけて育てたマリー・アントワネットやインター・ネットそれにエドワード・スノーデンらのためにも仇を討つと、林務課から箱わなを借り受け、申請した場所に仕掛けた。

 しかし、今月5日から今日まで、わなにかかった獲物はゼロである。毎日、新鮮で高価なバナナを餌にしたにも拘らず成果が得られない。余談だが、13日から16日までは宗教上の理由?で捕獲作戦は休止していた。

 嫁は言う「アンタのわなに掛かる馬鹿な動物はいない、アンタが中に入っとき!」、そんなバナナ :-?

P1040973

2013年8月17日

市民からの手紙

・・一地主様や地元議員様一人のお力での問題解決は無理なのではとひそかに案じています。水源の郷米原(原文ママ)、歴史の宝庫米原、より元気に安心して暮らせる米原へと議員経験豊かな皆様のお心に止めていただき郷土愛と知恵を結集していただきたくお願い申し上げます。・・数人の議員様宛て発送します・・

 上記は、近江地区の一市民からの願いを伝えるとし、坂田小学校敷地内にある忠魂碑周辺の整備をはじめ宇賀野の自然や文化的・歴史的景観の維持、保全に関する要望の手紙をいただいた中の一節である。

 手紙の内容もさることながら、宇賀野にお住まいの方にも拘らず直接お出会いし、私にお話いただけなかったことに地元議員として忸怩たる思いがある。有体に言えば“なんでやねん!?”

 さて、忠魂碑であるが、日本の為に戦い、亡くなられた方々の御霊を御祀りする為に建立された石碑で米原市内に十数基が現存する。忠魂碑の大半は、各地区の小学校の敷地内や神社境内にたたずんでいる。

 施設の老朽化や管理主体のことなど、忠魂碑の維持管理上の問題は、宇賀野地区に限った事ではなく、各地区で持ち上がっている。

 宇賀野のように、雑木雑草により景観が悪く、忠魂碑周辺の環境整備が問題となっているところ、地盤の変化で石碑が傾斜して倒壊の危険性があるところ等、さまざまな管理状況がある。

 去る、今月10日に挙行された平和祈念式典の前、遺族会からもそれら忠魂碑管理に関する具体的な要望書が米原市長ならびに議会議長あてに提出されたところである。

 このことにつき、社会福祉課の世森課長に問い合わせたが「行政としても何らかの支援はと思っているが、公金の支出となれば“政教分離の原則”もあり、慎重な対応にならざるを得なく、現在、社会福祉課、総務課、政策調整課で各課横断的に協議する準備をしている」とのことである。

 また、手紙には、先に墓前法要でもふれた「法秀院」がかつて住まいされた“長野家”の整備についてのお話もあったが、地主ご自身の今のお考や現在進行形の動きもあり、詳細について当ブログでは言及しない。確かに私も、市や市民の協力を得ながら地域の歴史・文化の資産として保全・活用の必要性は承知している。

2013年8月13日

法秀院墓前法要

 今日午後3時から、山内一豊の母「法秀院」の墓前法要が営まれた。

 法要に出席依頼を受けていたが、丁度その時間帯は、甲子園で滋賀県代表の彦根東高校が花巻東高校と対戦している真っ最中である。

 高校野球の大ファンである私は、急な腹痛で欠席もありかと考えたが、会場は、わが家と目と鼻の先にあり万が一、主催者が家に呼びに来られる場合も想定し、結局法要に出席させてもらった。

 ところで、「法秀院」である・・長浜城主に栄達した一豊が、長野家に身を寄せていた母を迎えるため再三にわたり使者をつかわしたにもかかわらず、老体が息子の活躍の邪魔になってはと、また、皆さんに仲良くしてもらっている宇賀野から去りがたく、終生を当地で過ごしたということだ。

 彼女は、日ごろは近在の子どもに裁縫や行儀見習い等を教えていて、深く仏に帰依し、つつましく穏やかな性格で村民や子どもたちから慕われていたと聞く。

 息子を一国の藩主に育てた影の人「法秀院」の謙虚で慎み深い女性像が、本日はあらためて身近に感じられた。彼女の足跡をしっかりうちの嫁に聞かせたいと思う。

hoshunihaka2

2013年8月11日

平和祈念式典

 昨日、市が戦争犠牲者に哀悼の意を表すと同時に戦争のない平和な社会を祈念する行事『米原市平和記念式典』が挙行された。

 先の大戦から星霜移り、すばらしい平和と経済繁栄のなか、戦争を知らない世代が多く占める今日、毎年開催される式典は、戦争の記憶が風化していくことのないように、また次代を担う子どもたちに悲惨な戦争を語り継ぐためにも大変意義のあるものだと思う。

 ご遺族ともども私も、平和を希求し、国難に殉じた1,589柱の英霊に哀悼の誠をささげた。

P1040966

2013年8月6日

総務教育常任委員会行政視察

 米原市議会総務教育常任委員会は、①「人口5万人のまちを目指してあらゆる施策を投入します」、②「職員の地域担当制度を導入し、地域の課題解決をスピードアップします」という市長が明らかにしている公約を、既に実施している先進地を視察し、その事業に要する費用や行政効果の実態を調査研究した。

 昨日は、兵庫県加西市で①のテーマーについて、今日は、大阪府茨木市で②のテーマーについてそれぞれ取り組み状況のご教示を仰いだ。

 両テーマーを学ぶ中、いずれ本市の市長が公約を施策として具体化してきたときに、議会としても事業採択の是非を検討しなければならないが、長期的、マクロ的な視点に立った丁寧な議論の必要性を感じた。P1040946P1040937

2013年8月4日

ラジコンヘリ

 農業従事者の減少と高齢化などで病害虫防除作業の労力不足が言われて久しい。そんなわが宇賀野区農業組合は、今年から無人ヘリコプターによる農薬散布を導入した

 宇賀野区のラジコンヘリ導入は、今年度の農業組合長Kさんのリーダーシップと英断があればこそ実現できたものと敬意と感謝を申し上げたい。

 ラジコンヘリによる防除面積は約17㌶で、今日は、風もなく狙ったエリアに正確に液体の薬剤が散布された。

 地上防除に比べて作業能率が高く広域一斉防除が可能で、水田に立ち入らないため作物や圃場を傷つけず、また、重量物を背負う必要がない等労働の軽減や効率的防除の面から非常に有効である。

 水稲のほか麦・大豆も含めて、滋賀県においては年々ヘリの機体数や農薬散布の面積が増加していると聞く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

2013年8月2日

教育長人事

 午前、市長と議員との懇談会があり出席した。メインテーマーは、懸案となっている事項(教育長の人事)に関してであった。

 議会は3月の定例会において、事実上の教育長選任である教育委員の同意案件を反対多数で否決しており、米原市は4月より今日まで教育長不在の状態が続いていた。

 教育施策の企画立案ならびに推進をしていく中心的存在であり、学校現場の指導監督者として重要な役割を担う教育長が不在のままでは、学校統廃合問題や学力向上など本市に山積する教育課題解決の遅れや児童生徒に悪影響を及ぼす懸念があった。

 市長は3月定例会から今日まで、教育長の適任者選任に奔走してきたが、先般、子どもたちのために頑張る、教育にかける強い情熱を持った某氏に白羽の矢を立て強く請い求めた結果、ようやく教育長就任の内諾を得たようだ。

 したがって本日は、議員に対して市長からその某氏の経歴や人となり等、教育長として適任であるので選任したい旨の報告と説明、つまりは打診があった。

 他の案件はともかく、やはり人事案件については、前にも述べたが、本会議でいきなり質疑、討論の後、採決を行うのではなく、本日の懇談会のように、市当局が事前に説明を行い議員の質疑にこたえる会議を持つことは意味のあることだと思う。また、選任される方の名誉やプライバシー、人格にも十分配慮する観点から必要なことだと私は思っている。

なお、このことについて、来る8月12日には、臨時議会で同意案件として上程予定である。

2013年8月1日

獣害?

 手塩にかけて育てたトウモロコシ、実の先ちぢれた毛が茶色くなり、そろそろ収穫の時期だと感じていた。茹でて良し、焼いて良し、ほっぺが落ちそうウふふ・・どないして食べたたろかなぁと楽しみにしていた矢先。

 今朝、僕のモロコシちゃんが大変なことになっていた。茎がなぎ倒され、実はもぎとられ、残骸がそこかしこに散らばり無残な姿になっていた。

『どうしたんじゃあ!~なんでじゃあ!~』言うてる場合ではない。おそらくは、狐かハクビシンの仕業に違いなく、ここはきっちりあだを返しておかねばならない。冷静に原因究明と対策を考えた結果、彼奴らの捕獲にのり出すことに決めた。

 早速午後、米原市役所伊吹庁舎の林務課に行き、小動物の捕獲申請をしてきた。目にもの見せてくれるわ、モロコシの敵は討つ。

P1040935

2 / 6512345最後 »