2006年9月6日

第3回定例会

 本日、米原市議会第3回定例会が開会しました。
 市長提案理由の説明の後、委員会付託を除く議案の審議や、3件の総括質疑、また
「米原市の学校給食の充実を求める請願」について、他1件の請願の願意説明が行われました。

2006年9月3日

米原市学校給食フォーラム

 米原市全体の学校給食の運営ならびにあり方を検討するために、午前10時より米原市近江公民館におきまして「米原市学校給食フォーラム」が開催されました。
 「学校給食衛生の課題について」と題して、林 宏一さんにご講演いただきました。
null
 その後、パネルディスカッション並びに、会場の皆さんとパネラーの方々との意見交換がありました。
null
 近江地域の【自校給食】を存続して欲しいとの意見をお聞きするのは当然ながら、一方何か物足らない 思いがする。                     
 パネラーの方々のご意見は玉虫色で、また当局からも時間の関係からか、自校方式・センター方式の比較資料を十分活用した説明がなされたとは言えず、発言や姿勢が曖昧な感があります。私としては、                    

続きを読む

2006年8月31日

議員全員協議会

 昨日、第3回定例会を招集する旨告示されました。
9月6日(水)〜9月29日(金)で開催され、審議案件は米原市子どもサポートセンター条例の制定、決算認定など計42件です。
 このことを受け、午前9時30分より全員協議会が開催されました。
 当局からの提出議案説明があり、また決算特別委員会の委員選任が行われました。委員は下記のメンバーです。
委員長 大澤、 副委員長 力石、 
委員 音居、清水、鍔田、冨田、中野、松宮、吉川
    北村喜代信 以上10名
 決算は予算が、物品、財産、労働に形をかえて住民の福祉の向上にどのような成果を収めたかの精算書でもありますが、

続きを読む

2006年8月15日

米原市の学校給食

 今朝、新聞の折込の中に「米原市の学校給食の充実と自校方式を守る会」(仮称)ニュースNO.1が入っていました。
 その裏面は米原市議会議長宛の請願書となっており
?自校方式による学校給食を継続してください。
?結論を急がず、広く住民の意見を求め、今後の学校給食のあり方を慎重審議してください。との請願事項が盛り込まれています。
 過日、私は、このブログで米原市の学校給食のあり方、運営について触れ、その中で自校方式あるいはセンター方式の選択は、それぞれのメリット・デメリットをよく検証し、児童・生徒・関係者が学校給食に何を求めていくのか、何を優先しなければならないのかを十分な情報を基に、あらゆる角度から検討し、結論を出すべきと申しました。                           
 私は、近江地域出身の議員として真摯にこの問題に取り組み、皆さんとともに考え、行動していこうと思っていますが、

続きを読む

2006年8月2日

人権(同和)問題研修会

 午後2時から午後3時半まで米原市人権センターに於いて、市会議員と市幹部職員を対象とした人権(同和)問題についての研修会が開催されました。
 9月の定例会に議案提出される予定の「人権尊重のまちづくり条例」のこともあり、皆さん意欲的かつ積極的な参加でした。
null
 講師は、虎姫町教育長の饗場茂司先生で、「私からはじまる人権」という演題でお話をお聞きしました。
 いろんな題材をもとに折々、設問を投げかけながらの講演でしたので、私たちは、その回答を常に念頭に置いて、つまりはシャン!とした真剣な態度で聴講致しました。

2006年7月31日

滋賀県議会傍聴

 今日、清風クラブの仲間で7月県議会定例会 代表質問を傍聴しました。
 先日の所信表明の時とは若干異なった議場の空気で、知事も少しの戸惑いと、心地良い緊張感を覚えながらの答弁ではなかったでしょうか!?
null
(イメージ)

2006年7月21日

学校給食の試食と懇談会

 昨日、坂田小学校で保護者・PTA役員・市会議員など多数が、お昼に米原学校給食センターの配食による給食を試食しました。
null
 気になっていた料理の温度ですが、自校方式でのそれとの差はほとんどないように感じましたし、おいしくいただきました。
null
 山東・伊吹両給食センターの施設新築計画を機に、近江地域の学校給食を考え、合わせてセンター方式の調理場に関する知識を広く知っていただくため、近江地域の園児・児童・生徒の保護者を対象とした懇談会が5回に分けて実施されます。(第1回目は昨夜、坂田小で開催されました。)
 センター方式と自校方式、それぞれにメリット、デメリットがありますが、それら各々の特質を理解したうえで、学校給食に何を求めていくのか、学校給食のあり方や運営について、なにを優先的に考えなければならないのか、再度近江地域で検討することが迫られています。

2006年7月14日

総務教育常任委員会の傍聴

 今日、総務教育常任委員会の傍聴をしました。
 米原市の「学校給食のあり方」を検討し、変革を進めるには、まずは現場からということで伊吹・山東・米原の各学校給食センターと双葉中学校・息長小学校(自校方式)を現地視察しました。                          
 安心・安全な食を子供たちに提供していくうえで、施設等の問題も含めいろんな議論がこれからおきてくると思いますが、私は子供達、保護者そして地域のかたがたに確かな情報を提供し、十分な説明をして理解を求めていくことが一番大切だと思っています。
null
null
 上段 伊吹学校給食センター外部
 下段 米原学校給食センター内部

22 / 22« 最初1819202122