2013年9月27日

行政懇談会

 昨日、午後1時から3時まで米原市地域福祉センター「ゆめホール」にて、米原市視覚障害者福祉協会と市との行政懇談会があり、参加した。

 それは、例年、予め協会側から出ている要望について市の担当課が回答するための会合である。

 協会員と情報を共有し、障害者を取り巻く課題・問題の解決について、私の立場でどう行動すれば良いのか、勉強する意味で参加した。

 協会は、視覚障害者が歩行訓練や点字の学習、歌謡交流会など社会参加と日常生活の向上を目指してさまざまな活動をしている団体だ。

 会員は、賛助会員である活動支援のボランティアを含め約30人規模で構成される団体だが、同じ障害を持つ人たちは、市内におおよそ90人はおられるとのこと。

 したがって、同じ障害を持つ人が語りあったり、励ましあいながらともに支えあう仲間作りは、協会にとって差し迫って重要なことである。

 協会の存在と活動を市内の視覚障害者に周知するためにケーブルテレビ等の活用を強く望むところである。

P1040996

2013年9月21日

運動会

 今日は、さわやかな秋晴れに恵まれた絶好の運動会日和のもとで、坂田小学校の運動会がとりおこなわれた。ご同慶の至りである。

 運動会というのは、運動の得意な子にとっては、晴れの舞台になるが、そうでない子はこの日がイヤデイヤデたまらないらしい。

「勝った負けたと優劣だけを争うものでない、もっている力を全部出し切ればいい・・」というが、一生懸命に頑張った結果が、げべった(最下位)ではそんな言葉も、慰めにはならないと聞いた・・二女の婿殿に。

まあ、ほろ苦い体験もいまでは懐かしい思い出とちがうかな?知らんけど!

 坂田小学校のみなさんのたくましい成長と輝かしい未来に期待する。本日はお招き、ありがとう。

__

2013年9月20日

中秋の名月

 ここんとこ、朝晩がすごしやすくなったと思ったら、もうお彼岸である。9月も下旬である。昨夜は中秋の名月だった。天候にも恵まれお月見を楽しまれた家庭も多かったのではないか。

 昔、私がよい子だった頃、母は、家先にススキを飾り、ボタモチや畑でとれた里芋を供えて兄弟三人に満月を眺めさせてくれた。

 美しい月を眺めながら、とってもきれいだった母と一緒に素敵な夜をすごしたあの頃がなつかしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2013年9月18日

長女の結婚式

 昨日(火)は、長女の結婚式だった。準備のこともあり私たち夫婦は、16日に東京へ向かった。当日は大型台風18号が日本列島を縦断して、米原市も含め各地に大きな被害をもたらした。新幹線もその影響をもろに受け、駅には通常より2時間遅れの到着となった。

 翌、17日に無事挙式の運びとなったが、長女夫婦は、大胆にも式の前に子作りを済ませていて親子3人での挙式となった。さすが私の娘、やることはやっとるわい!

 16日の台風は関東にも朝から雨をもたらしたので二人には、「雨降って地固まる」と言うよりも、宮沢賢治の「雨にも負けず風にも負けず・・」の詩を思い起こしてもらいたいと思う。

 人生は山あり谷ありである。それを乗り越えて周囲の人にも気を配れる、そういう二人になってもらいたいと思っている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2013年9月15日

お酒の効能

 今日、婿殿は連れの結婚式参列ということで、午後から、わが家に二女が子供を連れて帰っていた。

 子供は二女夫婦の長男であるが、婿殿の父上にそっくりの顔で、嫁ぎ先の近所でも「いゃあ・・じぃちゃんそっくりな児やなぁ・・」としばしば言われているらしい。

 よかったがなぁ、隣のおっさんに似ていたらえらいこっちゃ!男にとったらわが子が誰に似ているかは、ある意味切実な問題や。

 ところで、久しぶりの孫との対面である。ずいぶんと大きくなった。今晩は、ゆっくりと風呂に入れることにした。

 「お父さん、お酒飲んで風呂入れるの止めて欲しいわ!」と娘が怒っていたが、「何、言うてハリまんにゃあ・・この方が調子でまんにゃわ」と気にもせず孫を風呂に入れてあげた。 

 二女には言わなかったが、「第一、お前が今日ここに居るのも、一杯元気の賜物ではないか」と。

P1040993

2013年9月14日

会議

 昨夜は、ディサービスとグループホームサービスを業務としている“社会福祉法人 近江薫風会”の理事会が、北ビワコホテルグラツィエで開催された。

 現在就任している理事、監事の任期が、来る9月17日を以って満了となるため、その選任の件や平成25年度予算の補正についてなどが主な議題であった。

 今回は、第30回目の理事会開催という節目であり、2名の理事が新しく就任したということもあって理事会終了後は、理事長のはからいで懇親会が実施された。

 蒸し暑い夜に冷たい生ビール、ぴったんこカンカン。毎日理事会やってもエエでぇ。

P1040990

2013年9月13日

米原市議会

 本日、私の所属する総務教育常任委員会が開会され、当会に付託された議案の審査を行った。

 平成25年度米原市一般会計補正予算と他1議案、意見書2件、請願1件そして、委員会発議案1件の審査である。

 委員会発議においては、本年10月末日をもって期間満了する議員報酬の1割削減条例を、引き続き向こう3年間継続することを提案し、可決すべきものと決した。

 理由は、給与所得者の年間平均給与が409万円であることなど市民生活の実態や本市の厳しい財政状況、米原駅周辺整備事業の先行きが不透明であること等、さまざまな社会情勢を勘案したとき、

 また、本年6月定例会において制定した議会基本条例の中で、議員報酬の改めについては、議会としての付属機関を設置して、そこでの議論を参酌しながら根拠をもち、市民に説明責任を果たすと謳っていることからである。

P1040987

2013年9月12日

行政書士制度広報月間運動

 滋賀県行政書士会は、制度について広く県民の理解と協力を求めることを目的に、10月1日から同月31日までの1ヶ月間“行政書士制度広報月間”を実施する。

 この期間中は、電話無料相談、許認可手続無料相談所の開設をはじめとする各種の活動を展開する。

 本日午後より、湖北支部の役員が長浜サンパレスに参集し、効果的に運動を推進するための協議を行った。

 米原市、長浜市の各官公署および関係諸機関、金融機関への協力要請・広報活動を行うこと、ならびに10月12日(土)に長浜サンパレスにて許認可無料相談所の開設を決定した。

 役員が、訪問先を分担して各所窓口に広報月間ポスターの掲示をお願いするのも取り組みの一つであるが、書類の受理にかかわる職員をはじめ関係者におかれては、運動の趣旨をよく理解いただいていて、例年、笑顔で対応してもらっている・・かなぁ!?

 本年もよろしくお願いする次第である。

P1040986

 

2013年9月10日

坂田小 校舎増築工事説明会

 米原市立坂田小学校の校舎増築工事に係る地元説明会が、昨晩、宇賀野会館で開催された。

 全校の児童数は現在466人であり、空き教室はない。坂田学区内の住宅開発等から26年度には児童数の増加に伴い2クラスが不足する見込みである。

 そうしたことから、今年9月から26年3月を工期として、軽量鉄骨の二階建て4教室の増築工事が行われる。

 それに先立ち、教育総務課は、工事車両が行き交いする道路周辺の住民や地権者に集まってもらい、交通規制などで日常生活上の不便を来すお詫びと、工事への理解と協力を求めた。

 工事車両の進入で、事故や生活道路の損傷が発生しないよう万全を期してほしい旨、地元住民からは、率直に具体的に教育総務課に申し入れがなされた。

 また、学校周辺にうっそうと茂る草木、というよりも、伸び放題の木々が電線等まで押し寄せていて迷惑している、もちろん、工事車両の通行にも支障が出るが、景観上もよろしくないとの話があった。

 この話については、きちっと対応してもらえると思う。教育総務課は、今朝早速、現状把握と善後策を講じるための現場視察をしていた。

P1040984

2013年9月6日

一般質問

 一般質問終了後、「今回は、地元案件を取り上げた議員が多かったなぁ」と私との立ち話で議長が言っていた。

 今回の私の一般質問は、米原市の交通安全対策についてであったが、市全体の施策と近江地区の交通安全の施設整備を当局に尋ねた。

わたしも、やっぱモノ前やし、いうことで地元のことを事例として取り上げ質問した。

 議員は、地域全体の利益を考えるべきか、地元の利益を考えるべきなのか。本音と建前が交錯する論点だが、両方でしょ。多くの議員は、選挙地盤としての支持母体というか、地元がある。

 現実に私を含め、選挙地盤や地元に関係する問題について深い関心を示す議員が多い。また、それに関する質問を行わないのも不自然であると考える。

 しかし一方、議員は市全体を代表し、団体意思を決定する立場にある。地元のことだけというのは、望ましくないが、また、全体のことだけを考えろというのもちとえらい。

 問題提起には具体性がいる。地元のことを事例として取り上げながら、話は全体に置き換えて議論できる思考回路が求められる。

 福祉、文化、教育、医療、介護、米原駅周辺整備など本市においても重点課題は目白押しである。

P1040981

1 / 6512345最後 »