2013年9月27日

行政懇談会

 昨日、午後1時から3時まで米原市地域福祉センター「ゆめホール」にて、米原市視覚障害者福祉協会と市との行政懇談会があり、参加した。

 それは、例年、予め協会側から出ている要望について市の担当課が回答するための会合である。

 協会員と情報を共有し、障害者を取り巻く課題・問題の解決について、私の立場でどう行動すれば良いのか、勉強する意味で参加した。

 協会は、視覚障害者が歩行訓練や点字の学習、歌謡交流会など社会参加と日常生活の向上を目指してさまざまな活動をしている団体だ。

 会員は、賛助会員である活動支援のボランティアを含め約30人規模で構成される団体だが、同じ障害を持つ人たちは、市内におおよそ90人はおられるとのこと。

 したがって、同じ障害を持つ人が語りあったり、励ましあいながらともに支えあう仲間作りは、協会にとって差し迫って重要なことである。

 協会の存在と活動を市内の視覚障害者に周知するためにケーブルテレビ等の活用を強く望むところである。

P1040996