2012年11月27日

湯たんぽ

 朝晩だいぶと冷え込んできた今日この頃である。夜は、ほろ酔い加減であったかい布団に入って寝るのが、極楽、極楽。かつては肉ぶとんが最高であったが。
 さて、只今の我が家における布団の中の暖房具は、“湯たんぽ”である。もちろん省エネと倹約の観点からそうしているのだ。
 私が物心ついたころの暖防具は“バントコ”であった。そういえば、バントコをひっくり返して布団を焦がしたこともあったナ。
 その後、暖防具も“湯たんぽ”“豆炭アンカ”“電気コタツ”“電気アンカ”“電気毛布”“エアコン”と日本の経済とともに変遷してきた。
 そして、また湯たんぽである。昔は、金属性であったが、最近のはプラスチックでできている。よし、今晩も湯たんぽを抱いていい夢をみながら寝るとするか。
null