2012年11月23日

近江若あゆ少年少女野球大会

 今朝の雨模様では、標記大会も延期になるだろうと思い、念のため大会実行委員会に問い合わせて驚いた「やります!」
 今日と明日、二日間が予定されており、かつ25日に予備日がとってあるにもかかわらずである。なんとネツイ人たちの集まりかと感心した。
 今年で、20回目を迎える大会であるが、市内外から16チームが参加した。スポーツにはいろいろな種類があるが、子供の時からスポーツを通して身体を鍛えるとともに、そこに何かを学ぶことは大切なことだと思う。
 少年少女野球は、礼儀を学び、仲間と一緒にプレーする楽しさを学べる場だとも思う。指導者のなかには市役所の職員さんもいたが、その監督さんやコーチの方々の指導の下、子供たちは、暑い時も寒いときも必死になってボールを追いかけたり、打ったりと練習を続けてきたことでしょう。
 今日、明日は、その成果を爆発させて思い切りプレーして欲しいものだ。なお、本大会の会場は、山東グランド、坂田小学校グランド、息長小学校グランドの三箇所となっている。
null
null