2012年11月15日

衆院選

 昨日国会で党首討論が行われたが、その中で野田首相が16日に衆院を解散する意向を表明した。
 
 私もテレビのニュースでその時の模様を見たが、党首討論に臨んでいる野田さんの隣には、滋賀県選出の奥村展三代議士、通称オクテンさんが映っていた。
 小沢一郎さんが民主党代表の頃は、ボディーガードのように小沢さんに寄り添う氏の姿をテレビでよく見かけたものだ。
 
 久しぶりにあの迫力満点のお顔を拝見したわけだが、お元気そうでなりよりだ。氏は、お顔立ちに反してと言えば失礼だが、腰が低く穏やかでやさしい方である。
 行政書士会の充実・発展のため超党派で構成する議員連盟メンバーのお一人で、私たちもお世話になっている。
 ところで、泥舟から脱出をはかるべく民主党からはどんどんと離党の表明をする人が出てきた。選挙で民主党が大敗するのは目に見えているが、だからといって政治哲学や政策を異にする政党にトラバーユする人の気が知れない。
 民主党が右から左までウィングが広い合従連衡組織であることは間違いないが、しかし、比例代表で当選した議員が、他の党へ行くことなんかどう理解したらいいのか。政治理念や政策を支持してその政党に一票を入れた有権者は泣いている。
 またそういう意味では、野田さんに衆院解散の不意打ちを食らった格好の第3極も同じだ。憲法改正、エネルギー、消費税、TPP問題等の基本政策が不一致ながらも、「小異を捨てて大同につけ」と選挙に勝つためだけの政策抜き大連合を画策している。結局は有権者を泣かすことになる。