2012年10月31日

講習会

 本日、滋賀県庁で宅建主任者講習があり受講した。新しく取引主任者として、また、引き続き取引主任者として従事する人たちを対象とした“宅建主任者証交付に係る法定講習”だ。
 都市計画法、建築基準法、宅地建物取引業法等の科目を午前に履修し、午後からは、税法、民法を、そして、滋賀県からの留意事項を聞いた。
 取引主任者は実際の宅地建物の取引に当って極めて重要な役割を果たしており、取引主任しか行えない業務がある。
 したがって専門家としての経験を積み重ね、知識をリフレッシュすることは、取引の安全性を確保し、顧客の望ましいニーズに応えるためにぜひとも必要なものである。
 しかし、今日は、暖かな良い天気に恵まれたおかげで、昼食の後からの講義は、睡魔との闘いに負けてしまってな〜んも覚えてまへんわ。
null