2012年10月25日

朝立ち

 「いったいいつになったら解散総選挙が実施されるのか、民主党政権が長引けば長引くほど国民の損失が大きくなる」とお隣のおばはん、おっさん、にいやん、ねえやんも皆さん嘆いてはーる。
 
 落ち目の三度笠状態の民主党では大敗必至が懸念され、衆院解散の先送りを画策しているのだろうが、民主にとって有利な展望があるわけでもなかろ。
 来年夏の参院選近くの解散では、衆参共倒れの危険性がある。進むも地獄、下がるも地獄とはこのことか。
 直近の朝日新聞世論調査によれば、衆院比例区の投票先は、民主13%、自民36%である。自民は、2009年の野党転落以来、最高を記録したことになる。
 で、それを裏づけるように20日に大津プリンスホテルで開催された自民党県連政経パーティーには、私も参加したが、1200人が詰めかけ、大変な盛況ぶりであった。
 いよいよ自民党の出番である。さて、今朝、「朝立ちをした」といっても残念だが生理現象の方ではない。
 午前6時〜7時過ぎまでの通勤時間に坂田駅前で、第2選挙区支部長の上野賢一郎氏と自由民主党近江支部の有志が行った。
null