2012年9月29日

みんなでスポーツを!

 “第67回国民体育大会 ぎふ清流国体”は今日、岐阜市長良福光、長良川競技場で天皇、皇后両陛下をお迎えして総合開会式を行い、開幕した。
 長浜市体育協会理事長にお誘いいただき、満席となったスタンドからオープニングプログラムを長浜市議4名の方々とともに観覧した。
 12年後の2024年に滋賀県での開催を想定して今年度、県が国体検討懇話会を設立し、滋賀らしい国体のあり方を検討している。
 開催費負担に関する課題をはじめとして、大会規模や開催意義についても様々な議論が展開していると聞くが、中でも開催費の拠出は、県の財政状況が切迫してきている今日の状況下で非常に大きな負担を強いられるとの指摘もある。
 でも、スポーツは楽しい、気持ちいい、夢中にさせる、感動を呼ぶ。そこには、自分自身の努力がある、チームメイトと築いた信頼がある、対戦相手への敬意がある、支えてくれる人たちへの感謝がある。
式典前演技
null
null
滋賀県選手団
null
セキュリティーが厳しかった
null