2012年7月21日

行政視察

 わが会派・清風クラブは、18日(水)〜20日(金)の二泊三日で、島根県の2市1町を行政視察でお邪魔した。
 
 それぞれに、邑南町では「地域保健福祉計画」、浜田市では「鳥獣害防止計画」、益田市では「職員250人体制推進計画」を調査事項として勉強させていただいた。
 益田市は、「行政は少人数にすると精鋭になる」という現市長の持論で、職員の少数化を基本方針にしておられる。その根拠や精鋭にする手法など等々をお聞きしたいと、私が希望して視察先に取り上げてもらった。
 
 ただ残念なことに、わが会派が訪れた時期が、偶然にも明日告示される益田市長選挙の直前であったので、市長さんから直々に課題のご教示を仰ぐことは出来なかった。
 このことについて私なりの意見や考えがあるが、選挙結果の出る29日までは言及しないでおく。
 
 ところで、私たちの視察は例によってレンタカーを使用し、各地を機動的に廻るのであるが、いつまで経っても車のナビゲーションをうまく活用できず相変わらず道に迷う。
 大体が、目的地をセットするのに5分は掛かる。おまけに会派5人は全員、一国一城の主然として人の言うことにあまり耳をかさない。各自が、わが道を行くタイプであって、協調するということを知らない。
 
 しかし、こんな5人でも心をひとつにする刹那がある。「反省会やろか?」「おう、やろやろ!」われわれは、全員左巻きである。違う、ちがう・・・左党である。
 なお、各町市でお世話になった担当課の皆様と各議会事務局の皆様に心よりお礼を申し上げる。
null
null
null