2012年6月19日

健康福祉常任委員会

 本日は、健康福祉常任委員会が開会され、健康福祉部所管に属する事項と、議員提案で提出されている意見書“障害者総合福祉法(仮称)の早期制定を求める意見書案”をそれぞれ審査した。
 
 審査結果は、一般会計補正予算と介護保険事業特別会計補正予算の各議案も、施設の用途変更に伴う米原保険センター条例の一部を改正する条例議案、また、意見書案についてもすべて可決すべきものと決した。
 その他の件では、社会福祉法人 湖北会 家族会会長から議長宛に要望書が出ていた“就労継続支援B型40名定員規模の施設整備の早急な対応”について当局の考えを質した。 
 冨田委員から米原西保育所跡地をワークスさかたの事業所として利活用を強く求める発言があった。
 市の普通財産の譲渡や貸付においては公平・公正・透明であることはもちろんであるので、市の財産利活用の基本方針に則った処理が原則である。
 しかし、本件については障害者をとりまく環境や状況、過去の経緯、地元の同意があることから考え、湖北会の願いに応えることに違和感はないと思っている。
 ところで、議会中は愛する嫁が作ってくれる弁当を持参している。今日は委員会が午前中で終了したので一人寂しく議員控え室で早い昼食をとった。
null
null