2012年6月4日

梅花藻

 本市の梅花藻が今年も早くも咲き始めた。中山道の宿場町醒ヶ井の街中を流れる地蔵川の清流に、梅の花によく似た純白の小花が川面から顔を出している。
 地蔵川は湧水が源流となり、水温も12度〜14度くらいで一定していて、清らかな水である。キンポウゲ科の水生多年草の梅花藻は、そういう条件のところでしか育たない。
 しかし、私なんぞは、濁り水の中でしか生息できない生き物であるので、なおのこと清流になびく可憐な白い小花に惹かれる。なお、見ごろは7月中旬から8月下旬にかけてだ。
null
null
null
null