2012年5月20日

明日は、金環日食

 明日の朝は金環日食を鬼嫁と二人で見ようと思っている。金環日食が全国各地で広域に見られるのは、実に932年ぶりとのこと、平安時代以来のことだ。
 このような稀有な歴史的自然現象を目の当たりに出来るのはラッキーである。最近はこんなことでしかトキメキがない自分が情けない。
 それはさておき、滋賀県では琵琶湖を金環帯の北限線が通る。大津市、野洲市、近江八幡市、彦根市、そして、わが米原市などでは金環日食となるが、長浜市、高島市などでは部分日食である。
 長浜市さん、高島市さんには気の毒の極みであるが、これも研究者によって多少のずれがあるみたいで、実際に観察してみないと分からない。私の住まいするところは、北緯35度20分28・・・経度136度17分10・・・である。金環日食を観察することができるだろう。
 ところで、この観察は直接肉眼では見られないので嫁に言われ日食グラスを求め、近くのドラッグストアーに行ったが、早々と売れ切れとのこと。
 仕方なく自分で作った。私が月光仮面の時に使っていたサングラスに特殊加工を施したフイルム?を貼ったヤツを。
 で、何とか機能して欲しい・・・。そうでなければ明日の朝が怖い。
null