2012年5月14日

何でやねん?

 今日、おおい町議会は、全員協議会で大飯原発の再稼動問題が話し合われ、苦渋の選択としながらも、再稼動を容認した。
 
 雇用環境をはじめとする地域経済をにらんでの結論だろう、立地している行政区の議会の判断は尊重する。
 しかし、福井県の原発で供給される電気を消費している立場でそれを言うのは恐縮であるが、原発事故で被害を受ける可能性がある滋賀県の住民としては、それに軽々に同意することは出来ない。
 万が一の事故が起きれば、立地地元と同様に被害を受けるのは広範囲に及ぶ。すでに福島原発事故で証明されている。
 
 じゃあどうすればいいのか、正直分からない。原発を今後一切絶対に稼動させず、全部廃炉にせよとはいえない。
 
 ところで、今日発売の週間誌Gに、橋下大阪市長がもし総理大臣になったら?ということで、「橋下内閣」有力候補リストなるものに、環境大臣 嘉田由紀子とあった。
 なんという高い評価を彼女は得ているのか。もう全国区になっちやったか、週間誌も罪なことする。その気にさせないでよ。
 
 嘉田さんは、大飯原発の再稼動には、国民への説明が不十分、かつ国民の理解が得られていないといって再稼動に慎重な姿勢をとっているに過ぎないのに、この評価。なんでや。