2012年5月11日

道半ば

 議会改革特別委員会が開会された。本日は、4月23日までに委員会で議論を尽くした議会基本条例に盛り込む事項を整理し、条例の骨格づくりを行った。
 予定では、条例に埋め込む具体的な条文を作成するとしていたが、条文の見出しの決定までに時間がかかり、議論してきた事項を条例に落とし込むことが出来なかった。
 今後は、条例立法の技術的な内容も考慮に入れ作業を進めなければならないが、そのことに精通している委員がほとんどいない(議員によっては、条例作成の要諦を自主的に勉強しているものもいる)ので、情けない話ではあるが議会事務局のお知恵と力を拝借することにした。
 つまりは、委員会がいままで議論し詰めてきた事項を反映した、条例素案の作成をお願いした。次回は、そのたたき台を検討する形で作業を進めるつもりでだ。
 議会基本条例制定は、まだ道半ばである。