2012年5月8日

ほのぼの人形展

 去る5月3〜5日の連休の間に、米原市近江公民館で人形作家 齋藤タケエさんの手作り人形を集めた“ほのぼの人形展”が開催された。
 福島市在住の齋藤さんも東日本大震災で被災されたが、公民館の山田館長らの強い懇願に応え、今回の“ほのぼの人形展”開催が実現した。
 古布や綿などを使用した人形約100体が展示され、老夫婦の仲むつまじい姿や、昔の花嫁行列など古きよき時代の印象的な光景が再現された。
 それらは、きっと見る人の心を癒したことだろう。なお、開催中、600人余りの沢山の来場者があり、人形展は盛況のうちに終わった。
null
null
null