2012年2月18日

祈年祭

 昨日、天照大神(坂田宮)と豊受姫命(岡神社)の両宮からなります坂田神明宮で、祈年祭が厳かに執り行われ、私も参列しました。毎年2月17日に挙行される一年の五穀豊穣などを祈る神道の祭祀であります。
 暑い夏の神社の境内は、大きな木が鬱蒼とし静寂で、汗ばんだ肌に一陣の涼風が心地よい・・・。きのうは、そんな悠長なことは言うてられへんかった。今は冬!むっちゃくちゃの冬、酷寒の冬。
 
 式の最中に雪混じりの風で、手はかじかむし、足先は凍傷にかかる寸前みたいに感覚があれへん。身体の芯までアイスキャンデーや(-_-)。
 式の前に用足ししてかなかった事を悔やんだのは、小学校の卒業式以来や。すんでのところで、ションベンばちびりますタイやった。そして、服が濡れるのは仕方ないにしてもや、髪の毛が濡れるのは勘弁やった、従前の姿に戻すのに難儀するんです。
 しかし、式が終わったあとはすーっとした気持ちになり、今年もなんか頑張れそうな気持ちになった。
null
null