2012年2月1日

一月定例会

 昨夜は、友人のkとmと三人で飲んだ、といっても私以外は下戸なので二人はウーロン茶片手にもっぱら食べることに専念。
 で、その場の話題は、たいてい人の悪口と自分の自慢話と相場が決まっている。我々三人は、そういうことに罪悪感を覚えることはなく、開き直るというか、かえってこんな至福の時はないと思っている。いわば悟りの境地に達しているわけだ。
 
 ということで、雪の話をしていたら、唐突にkが「今回の寒波の原因知ってるか?・・・」と聞いてきた。気象予報士でもあるまいに知るわけなかろ。
 「知らん」と返事すると、kは「ラニーニャ現象がどうで、エルニーニョ現象がなんたらかんたらで、寒気団が・・・」と説明してくれたが、訳わからん。そもそもkよ、よく聞け、ラニー・・とかエルニー・・とかの言葉、ワレワレ二人が知ってると思う?ムリ。人見て法説け!せめてナンシーぐらいにしとけ。
 
 kは天候の話に詳しい。それもそのはずでこの時期、雪が降る、降らないの違いでスキー場を運営する彼の生活は大きく変化してしまう、だからだ。天気予報の掌握は、彼にとって死活問題である。
 今年も順調に営業展開しているようだ。「この冬、お客さん何人ぐらい入った?」、「今日現在で60,000人やねぇ」と嬉しそうな返事だったが、kが同時に見せたドヤ顔と態度、見たくないわ(*_*)
 mも私も引いた。早く夏がこないかなぁ・・・。
null