2012年1月13日

米原市議会に関するアンケート調査

 米原市議会に関するアンケート調査に1,385件の回答をいただきました。市民の皆様のご協力に感謝申し上げます。
 そして、事務局体制が万全でない中、アンケートの発送から集計にはじまる、議会改革のサポートをしてもらっている議会事務局の面々に謝意を表します。
 なお、詳細な集計結果は、なるだけ早い時期に議会だよりやケーブルテレビ等の媒体を通じ、市民にお知らせする計画であります。
 
 今後は、アンケート調査の結果を踏まえ、また、市民の各種団体等(区長会、老人クラブ、女性の会、子ども育成会・・・etc.)に、直接お会いしてご意見・お考え・ご助言等を頂戴しながら議会改革を進めていきます。
 市民への説明責任を果たす意味での議会報告会・意見交換会の開催や、議員同士の議論の活発化など執行機関と切磋琢磨する議会、市民に分かりやすい市民とあゆむ議会、、開かれた議会と変貌するよう議会のあり方を検討します。また、議会や議員の役割・使命や定数、報酬など議会の本質にかかわる問題も議論していきます。
 本日開催の米原市議会改革特別委員会で、議会自らが本来の機能を果たすことからはじめることを確認し、25年の6月定例会に議会基本条例制定を目指すスケージュールを決定しました。
 それから今回、アンケート調査をお願いしました市民の皆様にもまた、米原市議会が普段、何をしているのか、何をさせるべきかの関心をもってもらう手始めになったかも知れないと思っています。引き続き議会に対し、叱咤・激励、ご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。