2012年1月11日

櫂より始めよ

 本日は、会派代表者会議ならびに清風クラブの勉強会に出席しました。盛り沢山の政策課題についてレクチャーを受けました。
 その一つに第2次米原市男女共同参画推進計画の説明がありました。
 
 男女共同参画社会を実現し、活力ある社会作りを進めるには、女性が政策や方針決定の場に参画できる環境が大切であることのことであります。
 人権政策課のT課長の説明を待つまでもなく、能力・資質のある女性はそれなりに活躍の場が与えられなくてはと思っています。米原市の市職員の女性が占める管理職の割合(課長級13.3%、部長級6.3%)は極めて少数であり、積極的な能力ある女性職員の幹部登用の道が開かれるべきとの思いを強くしています。もちろん有能な人材であるということが前提条件になりますが。
 女性が責任とやりがいを持って働くために積極的に管理職への女性の登用を、市長に期待したいと思います。
 ボクは、能力ある女性職員をよく知っていますョ(^_^)
null
null