2011年12月1日

師走

 今年も残すところあとひと月となりました。カンレキの誕生日を祝ってもらったのがついこの間のように感じます。月日の経つのは早いものですね。しかし時間の経過だけは地球上のすべての人に平等ですからしょうがないか。
 12月22日が来ますと61才になりますが、60という響きはいややネ。シニアいうのも一緒やネ。映画館で「シニア割引・・・」言うの、辛いもんがあるんでスウ。
 人生80年といわれる時代でありますので、コレカラガ、また別の新しい人生の再出発であると思っています。
 ところで、孔子は「60にして耳にしたがう」といいました。60才になって、多くの経験を積み、もう何を聞いても大して驚きもしないし、不思議にも思わなくなった、つまり世の中のことがよくわかってきたという意味ですな。←これってどやさぁ、人間年取ったら必ず成長し、充実するちゅうこと?
 私いま、まだ、「どこがじゃあ!?、どうしてじゃあ!?、だれがじゃあ!?。」いう状態ですけど。 男、60にして立つ!!