2011年11月30日

12月定例会

 いよいよ本日、平成23年米原市議会第4回定例会が開会しました。会期は12月22日までの23日間です。
 認知症高齢者グループホーム整備に30,000千円や市道顔戸中道線整備事業に85,095千円などを増額し、補正後の本年度一般会計17,809,349千円とする補正予算案や米原市暴力団排除条例の制定、公の施設における指定管理者の指定など38議案が上程されました。
 
 うち、人事院勧告にともない米原市職員(対象者40代以上の179人)の給与を平均0.2%引き下げる市職員給与条例の一部改正案については、本日可決しました。
 12月支給予定の賞与から調整されるため、11月内には条例が改正されていなければならず、本定例会の開会日に即決する必要がありました。
 民にしても官にしても給与が下がるのは辛いことでありますが、今日の社会情勢、時局に鑑みればいたし方のないことではあります。