2011年11月28日

ハシズム

 先述の私の友人は、長浜市の市議会議員ですが、彼と話していました。「明日は、午後8時が過ぎたら橋下さん当確がでるなぁ」と、案の定というか、大阪市長選は予想通りの結果で橋下さんが圧倒的な勝利を得ました。
 橋下さんが、公約に掲げた「大阪都構想」はよう分かりませんが、とりあえずおめでとうございます。
 で、わが米原市もくどいようですが、議会改革に取り組んでいます。地方主権、あるいは地方分権といわれる時代に、政策決定を担う地方議会の役割・使命が、飛躍的に高まっていることをしっかり認識しているからであります。
 地方政治は市長と議員が別々に選挙される二元代表制であります。従いまして、市長と議員の支持勢力が一致していると限らないことがあります。これはこれで、権力の抑制均衡関係が生じてバランスを図る役目を果たしている健全な状況と思います。
 しかし、大阪はどないだすか、橋下さんの人気に引っ張られ、議会を彼の支持勢力としてオール与党化させることはありませんか。民意によって議会を彼の翼賛機関化させる危険性を感じるのでありますが。
 しかし、無批判的にオール与党化する議会がどうなっていくのか、議会の本来の持つ野党的機能は消え、全て市長の提案を丸呑みする、追認機関となるおそれが大であります。
 そして、大阪の民意により誕生したスーパー市長橋下さんですが、強い彼に大阪市民が全てを任せておくというようにならないかを心配します。