2011年11月12日

会派代表者会議

 去る9日、会派代表者会議が開催され出席しました。
 従前、副議長は当該会議のメンバーに入っていませんでしたが、今回から、議会事務局長の議長へのアドバイスもあり出席することになりました。ありがたゃあ〜、ありがたゃあ〜。
 建設課と教育総務課より近々の市政レクの後、その他の項で審議会等委員への議員就任について協議しました。
 米原市には、審議会等の市の付属機関が42も設置されていましたが、所期の目的を達したものや、その必要性をなくしたものについては、廃止するなり整理するなり見直しをしてきました。しかし、今現在、議会議員が就任する各種審議会・委員会等が30以上あります。
 会議では、このことについて市長の諮問機関である各種審議会・委員会に議員が加わることは、議会が執行部のチエック機関であることに鑑み、いかがなものかという結論になりました。
 結果、議員の就任が条例で規程されるものも含め、大多数の審議会等から議員が撤退する方向でまとまりました。
 ただ、米原市都市計画審議会については、まちづくりの根幹を決める重要な会議であるのと、都市計画決定が議会の決議の外にあることから、ここは是非とも議員の出席が必要と判断され、従来のとうり就任と決定されました。