2011年9月16日

産業建設常任委員会

 本日は、私の所属する産業建設常任委員会が開会され、経済環境部、都市振興局、土木部所管の一般会計補正予算と各特別会計補正予算、条例案などなどを審査しました。
 雇用創出のための公募提案型雇用創造事業(2人雇用で3事業所に1月〜3月分までの750万円補助)、市道入江磯梅ケ原整備事業(120,091千円)、ビワマスが天野川から丹生川まで遡上できる環境の再生(644千円)や、その他すべての案件は全員賛成で、原案通り可決すべきものと決しました。
 
 さて、議案第64号の「米原市小集落改良住宅譲渡条例の制定について」でありますが、条文の表記について、意味不明、表現が不適当等と思われるところがあり、数点について修正されてはどうかと質問しました。
 一般市民にとって法律独特の用語や行政用語、言い回しは分かりにくいし、条文の構造も複雑で非常に読みにくい。同じ条例をつくるなら市民に理解してもらいやすくするべきだと思います。
 
 しかし、原課(都市計画課)の必死かつ、ノラリクラリの説明で結局妥協してしまいました。まだまだ私、修行が足りません。