2011年7月22日

第93回全国高校野球選手権大会滋賀大会

 先日の“滋賀夕刊”紙上、社主の押谷さんが「湖北地域の高校野球は壊滅状態」とお嘆きでありました。
  よし、それならばと湖北地域でただ一校勝ち残っている伊吹高校を、本日早朝より彦根球場まで応援に行ってまいりました。
 
 球場では以外にも、伊吹高校野球部保護者会で一緒だった藤森さんご夫妻や、わが米原市議会、清風クラブの同志・岩崎議員らとお会いすることができ、ともに観戦しました。
 どうでもエエことですが、岩崎議員、弁当持参でしたわ。まいったたまげた。
 試合は二回戦で、相手は大津高校でありましたが、私らの応援のおかげで12対4、8回コールドで勝ちました。
 
 ただ、もっと快勝できる相手ではなかったかなと不満ものこる試合でした。盗塁とか、エンドランとか機動力を発揮してほしかったな。伊吹の攻撃、8回表9対4の5点差でノーアウト、ランナー一塁。ここで4番にバントやで・・・。結果ヨシコさんになったけれども、もっといけいけでやらなぁ。2回に一挙6点取りましたが、このときは、ツーアウトからやから、ほとんどサインなしでのびのびと選手がやれたからやと思います・・・。打つしかないんやもん。
null
null