2010年10月5日

検察審査会の再議決

 人生あざなえる縄の如しとはよく言ったものであります。「不肖の身ですが、代表選に出馬をする決意をしました」と民主党代表選に挑戦した姿をつい昨日のことのように思い出しますが、あの小沢氏が刑事起訴される立場におかれるようになろうとは。(ほんのちょっとは思てた?違うか!)
 
 政治資金規正法違反事件をめぐる容疑で、東京第5検察審査会は再審査で起訴議決をしました。そこら辺の事情・経緯についてはマスコミを通じ皆さん既にご存知と思います。余談ですが、新聞やテレビの報道に接している限り、一般の人に小沢氏を好きや言う人少ないみたいですネ。
  
 とろで、たまたまテレビを見ていましたら、ジャーナリストの江川紹子さんが、とあるニュース番組の中のインタビューでこの事案の今後について聞かれ、「プロの検察が2回も不起訴とした事件で有罪となる確率は低いですね、なんとか、かんとか・・・」と答えていました。
 
 江川さん、なんか勘違いしてハるわ。そんなことわからへんで、今回の起訴相当の議決は、検察審査会が冷静かつ論理的に判断した結果なんヨ。市民感覚どうのこうのやないんヨ。
 大体がこの事案、検察の不起訴にしても満場一致で決定した事ではないし、プロのなかでも意見は割れてたし、起訴すれば有罪判決が出ることを必至に主張した検察官もいてハるんやで、検察官のなかにも歯がゆい思いしてた人がきっといるで。知らんけど!?
 不起訴イコールまっ白とは違うヤロ。いずれにしても裁判所に決着つけてもらったほうがすっきりする話であります。そういう意味で、強制起訴になって私は納得しています。 今後は裁判の場で有罪か無罪かが争われることになります。私たちは、その成り行きを見守っていくことになります。