2010年10月2日

合併5周年記念「まいばら絆博」

 豊かな自然と歴史に育まれ、古くから経済的・文化的なつながりを持ち、お互いの交流も活発であった旧4町が合併して、はや5年が経った米原市。
 現在の米原市においては、進むべき方向性を基本構想にまとめ、快適な市民生活の将来像を具体化しつつあります。そして、米原市基本条例の理念のもと、生き生きと元気にあふれた、人が主役のまちづくりが推進されています。
 本日、市制5周年を祝う記念イベントとして「まいばら絆博」が、午前10時よりルッチプラザを会場に開催されました。
 地域で公益的な活動をつづけてこられた方やまちづくり活動にご尽力いただいた団体ならびに個人の表彰、親子で伊吹山登山にチャレンジした記録の上映、市内を拠点に音楽活動している岡田健太郎さんのミニライブ等々、さまざまな企画が行われました。
 で、オープニングでは、伊吹高校筝曲部17名の演奏を楽しむことができました。これは出色やったネ。3曲(曲名は分からん)を奏でていただきましたが、よかった。
 和音の調べが清清しい。浮世のススで黒光りしている私のおなかがジャブジャブと洗濯されたようで、まさに、心の琴線に触れるて,・・・このこっちゃネぇ。
 ところで、気になったのはお客さんの数、少なかったなぁ。当局もいろいろと集客には配慮されたと思いますが、議員なり各自治会の区長なりには、出席を強く要請してもよかったのではと感じました。言うても記念すべき「5周年」やで。
 行事がいっぱいあったんか、皆忙しいか・・・シランケド!?