2010年10月1日

私利私欲?

 昨夜は、連れ三人の「飲み会」に行ってきました。月一回の割で集まっていますが、私のほかは二人とも下戸であります。
 したがって二人には、始まりから終りまで素面で付き合っていただくことになりますが、全然気にならないようであります。こっちは、お酒が進むほどに気分も機嫌も良くなってきますが、ウーロン茶やコーラでもいい気持ちになりますのかなぁ・・・わけ分からん!?
 よく女三人寄ると姦しいと言いますが、うちらも毎回、「陽気なかしましオヤジ」でにぎやかに、ガヤガヤやっとります。
 
 で、何かのきっかけからか、公共施設の用地買収の話になり、「アンタ、ぎょうさん土地かかったらしいな、頑張って土地の価格上げたんやろう、立場考えてるかいな」と、私の対面に座っている連れに話しを振ったら、
 「何を言うてハリまんにゃ!北村さんこそ私利私欲で動いてる言われてるで」と返されました。「あぁー、坂田駅前の開発のことか、そんな風に思われてるんか」。こんな話は、本人には直接聞こえて来ませんが、聞いたら気分のいいものではありません。
 もちろん、連れも私も、私利私欲で議員活動していることはありませんが、「ごぅらあ!だれがしょうもないことぬかしとんじゃあ!!」とはいいません。お互い、口さがない世間の人々の噂話として聞き流し捨て置きましょう。
 
 いわれたこの案件は、市民グループや市の職員、事業者が協働で取り組んでいる当該地の将来展望を明るくするための事業であります。たくさんの方が、それぞれの立場でそれぞれの役割を果たしています。そして私も、見識と使命感を持ってこのことにかかわっています。
 だれも言ってはくれませんので、自分で言いますが、私の売りは、“実直”“まじめ”“正直”“素直”“固い”“清潔”等でありまして、市民本位の姿勢を貫くことです。
 
 この後のことを念のため申し添えますが、私たち三人は、お互いのノドを披露する場へと河岸を変え、カラオケを満喫した後、ご満悦の状態でそれぞれの自宅へ無事帰還いたしました。