2010年9月25日

中国人船長釈放へ

 朝の新聞みてビツクリ。「日中関係を考慮」ふ〜ん。
 
 一時の混乱を恐れて早々の厄介者払いか?一つ違えば国際紛争の種になるとの懸念からか、経済比重の逆転で弱気になったのか、知らんけど。
 拙速で最悪の処理をしたと思います。案の定というか、予想通りというか、中国船の船長の帰国を受けて中国政府は早速声明を発表しました。
 「日本側は船長らを違法に拘束して中国の領土と主権を侵害した」として、日本政府に対して、謝罪と賠償を求める内容であります。
 
 一体全体どっちの台詞や。これでは、言いたい放題、やりたい放題ではありませんか。まさかこんなに早く、こんな結末になろうとはまともな感覚の日本人の何人が想像し得たでありましょうか。もう、情けない、お人よし、腰抜け、あほ・ばか、とろくさ、あぁぁもう終りですな。シネバイイノニ・・・
 
 今回のようなことが、もし北や韓国、中国で発生していたら、逃げる船は銃弾を浴び、撃沈させられることは想像に難くありません。
 
 そんなふうに考えますとこの事件での日本政府の対応は、国民感情として納得できません。また一つ中国側に、日本を脅せば屈するとの観測を強めてしまっただけではないでしょうか。
 今後は、日本の外交や政府の腰抜けを非難する声が高まってくると思いますが、国防、国益、国家の尊厳や法秩序について政府与党に勉強してもらいたいと思います。
 「いっぺん民主党に政権とらせ、やらせてみては・・・言うたん誰や!?責任者出て来い!」