2010年9月20日

強烈な報復

 パトカーのおまわりさんが、公道でスピード違反の疑いのある車に停車を命じ、それを調べ取り締まることは、法治国家の日本ではあたり前の話であります。
 そこで、車がその場から逃げるためパトカーに故意にぶつかる等、抵抗したら公務執行妨害で逮捕されるのも当然の話であります。
 で、出来事としてのレベルは全然違いますが、このことと似たようなことが尖閣諸島沖の日本領海内で起こりました。皆さん既にお聞き及びの去る七日、海上保安庁の巡視船に中国漁船が故意にぶつけた「中国漁船衝突事件」であります。
 いま、船長は日本の法律の下、違法操業や領海侵犯など慎重に取調べを受けていますが、裁判所は19日、その事件の解明捜査のため、船長の拘置延長を認めました。
 そのことについて、中国外務省の報道局長が同日、日本側に船長の即時無条件釈放を要求する談話を発表しました。「日本側が独断専行で過ちの上に過ちを重ねるなら、中国側は強烈な報復措置を講じ、その結果はすべて日本側が負う事になる」と、また、中国海軍の幹部は「中国は自国の利益と尊厳を守る知恵と力を有している。中国は妥協や譲歩で平和と交換することはありえない」と警告しました。
 なんともすざまじいお怒りではございませんか。これでは警告というよりも、まさに恫喝そのものであります。
 
 この事件では中国側の対抗措置として、東シナ海のガス田共同開発をめぐる条約締結交渉の延期の通告があったりで、日中交流などに支障が出てきているようであります。
 が、日本の司法が外国からの圧力で影響を受けないように、日本政府は事件解明に毅然たる姿勢で臨み、徹底的にやっていただきたいと思います。
 
 上記は日本の主権にかかわる重要な問題であります。それこそ譲歩や妥協による、安易な処理など絶対に許されるものではありません。