2010年8月31日

民主党代表選突入

  昨日のニュースどおり、菅さんと小沢さんの代表選への対応をめぐる会談は実現しました。
 
 しかし、結果は皆さん既にご承知のとおり“決裂”でありました。
 
 このことについていろんな見方があるようですが、昨日取り沙汰された「挙党体勢・トロイカ体制」の具体的なあり方に認識の違いがあったり、双方の思いを伝える伝書鳩の役不足もあり、微妙なあやが双方に伝わらなかった可能性が大と思われます。
 
 もっと前に、何でこうなるのと思うボタンの賭け違いがありましたけど。
 まさにチキンレースの始まりやなぁ。
 「政治は国民の為にある。一国の首相がコロコロかわるのは止めにして欲しい。今の至上命題は景気対策で、その政策とビジョンを早く示して欲しい。etc.」善良なる国民の切なる思いもむなしく民主党には届きません。
 
 双方に退くに引けない理由があったのでしょう。へんな妥協よりベターな選択ではないですか。
でも、この戦いは国民置き去りの私闘(死闘)といわざるを得ません。
 「戦いが終わったらノーサイド」やて>#&$)!???