2009年3月9日

3月定例会と定額給付金

 本日、平成21年米原市議会第1回定例会が開会しました。会期は今月27日までの19日間であります。
 
 一般会計の21年度当初予算は、163億5000万円で合併後最少の予算規模であります。市長選後間もないこともあり、年間の義務的経費や継続事業費が中心で、本格的、政策的肉付けは6月の補正予算で対応することとし、いわゆる「骨格予算」で出発しました。
 また、今日は、平成20年度一般会計補正予算(6号)で定額給付金交付事業と子育て応援特別手当交付事業の増額補正“7億2万8000円”を決定しました。
 本市では3月16日(月)から定額給付金申請の受付が始まります。総額6億7260万円で、内訳は、20,000円給付の18歳以下の方と65歳以上の方が18,038人で12,000円給付の19歳から64歳までの方が23,802人です。