2008年12月31日

除夜の鐘

 今年も、政治、経済、社会あらゆる分野でいろいろ事件や出来事がありました。
 
 皆さんそれぞれの思いがありますので、漢字一文字で表現するのは難しいことですが、08年を言い表すことばは「変」ということでした。「変」という字のイメージでもって今年一年を振り返りますと、なんとなくそんな気になるので不思議なものです。
 私の身のまわりにも、変化という意味で大きな出来事がありました。それは2月9日未明に母が身罷ったことであります。ほんとうに突然の死でありました。
 “朝には紅顔ありて、夕べには白骨となれる身なり・・六親眷属あつまりて、なげきかなしめども、更にその甲斐あるべからず。・・野外におくりて夜半のけむりとなしはてぬれば。ただ白骨のみぞのこれり、あはれというも中々おろかなり。”
null
null