2008年10月16日

政務調査会

 昨日、米原市山東庁舎で自民党県連政務調査会による、来年度の県および国の予算編成にたいする市の要望の聞き取りがありました。
 
 衆議院議員 藤井勇治氏、県連幹事長 辻村克県議、政調会長 佐野高典県議他4名の県議が出席され、わが米原市の重点要望事項について概要説明するとともに、来年度予算に反映していただくよう市長、市幹部職員ならびに保守系市議の面々がお願いしました。
 
 県においては、昨年度策定されました財政構造改革プログラムによる事業費削減、2造林公社の債務の肩代わりによる財源不足の拡大等々で、非常に厳しい09年度の予算案編成になる見込みとのこと。
null