2008年10月7日

清風クラブ会合

 昨日、わが清風クラブの会合があり出席しました。
 先の米原市議会第3会定例会において「議員の報酬等に関する条例の一部改正」を行い、議員と非常勤職員等との違いを明確にするため、議員の報酬については独立した条文とし、その名称を「議員報酬」と定め、公選職に相応しい規定としました。
 そして、更に第4回定例会以降に、本会議や委員会活動以外の活動のうち、一定のもの(全員協議会や各派代表者会議等)を会議規則に規定することによって、法律上の議会活動として明確化することを考えています。
 このことについて、会派の中で協議をしました。現状、正規の会議に出席すること以外は、議会運営や議員活動上必要であっても、議員の職務とは認められていません。
 やはり議員の姿が見える、開かれた議会になるためにも議員活動の拡大・議員の位置付けを確かなものにしなければと思います。