2008年10月6日

東国原さん

 衆議院の解散総選挙の時期が定まらないのに、気をもんで落ち着かないのは候補予定の議員はもちろんのこと、陣営・行政・業者等選挙に関係する人達も同じであります。
 そして、御輿を担ぐ人達のワラジを作る役割の私たちも、それなりにやきもきしています。
 
 さて、宮崎1区で中山成彬・前国土交通相が今度の衆院選に不出馬表明したことを受けて、宮崎県知事・東国原知事の立候補が取り沙汰されていると、マスコミは伝えています。
 昨夜のテレビで、“緊急アンケート・東国原知事の出馬は是か非か”のようなものを実施して、視聴者の意見を聞くのをやっていました。
 まず、コーナーの初めの部分で、そのことについて宮崎県民の意向調査的なインタビューとその結果が流されましたが、ほとんどの方が衆院選への出馬は反対でありました。そして、その結果発表の後、全国の視聴者へ向けてアンケートを依頼し、調査が実施されました。
 このコーナーの終盤で、集計結果の報告と少しの論評がありましたが、出馬反対とされた方が圧倒的多数でありました。
 ・・ほんなもん、聞く前から答は分かるわ!県民の調査結果を、伏せておいて後から出すか、全国のそれと同じように出すか工夫が要ったやろう。
 まあ、ご本人は、「宮崎を代表して国で汗をかけと県民の皆さんが思っているなら・・しかし、能動的には動かない」として、出馬について否定的ではない発言をされています。つまり、環境が整えば、出馬も十分ありということですが、もっと言うと彼の本心は、出たいのではないかなと思います。
 選挙には、間々「出たい人より、出したい人を」というのを聞きますが、しかし私は、それなりの識見と信念と勇気をもった人であれば、やはり積極的な出たい人に期待をかけ、選択するのがベターかなと思います。