2008年8月12日

北京オリンピック

 北京五輪での日本選手の活躍は、暑い夏の日本列島に一陣の涼風と元気の素を与えてくれます。
 
 昨日は、競泳男子100m平泳ぎで北島選手がさまざまな重圧をはねのけて金メダルを獲得しました。しかも58秒91の世界新記録と五輪二連覇達成という偉業をうちたてて。
 熱と力と意気地と技に賭けたおのこの心意気に感服する次第です。胸にさん然と光り輝く黄金のメダルは、まさに汗と涙の結晶そのものです。
 北島選手のここ一番の強さと試合後のインタビューでしばし絶句して涙した光景、ともにすばらしく感動しました。200mも楽しみです。
 一方、バトミントン女子ダブルス「スエマエ」コンビは、世界ランク1位の中国選手を破り4強入りしました。
 本当に失礼な話ですが、テレビを見ていて、えっ、この人らだれなん?と思いました。マスコミの取り扱いが小さくて、このペアーがベスト8になっていることも知りませんでした。ごめんなさい。
 人気と期待度が高かった「オグシオ」ペアーの敗退は残念でしたが、末綱、前田組にはこの先も自分たちの持てる力をフルに発揮してもらって、ぜひともメダルを獲得してもらいたいものです。
 今晩もビール片手にテレビ観戦の予定です。選手の皆さん、感動と涙をありがとう。