2008年7月12日

日本の夏

 やってきました〜日本の夏がぁ〜。ほんとに毎日暑いです。
 当地滋賀県でも9日から連日、「夏の甲子園」目指して高校球児たちの熱い戦いが繰り広げられています。
 市内の高校二校のうち伊吹高校は、昨日善戦むなしく古豪の伊香高校に負けてしまいました。今日は、もう一校の米原高校と強豪八幡商業高校との試合が県立彦根球場であり、観戦に出かけようと思いましたが、あまりの暑さでやめました。
 アツイといえば野球選手の二岡くんとフリーアナの山本モナさんの話。やってくれました。
 
 ワイドショーのコメンテーターがかまびすしい。皆さん、しれっといろんなこと言うてはりました。ワロテまうわ。「このことによってどれだけの人が迷惑するか。・・社会性が欠如してます。・・裏切られた。軽率な行動だ。」
 そらそうですわな。しかし、健康な大人の男と女でしたらセックスしたいのは、ごくあたりまえだのクラッカー。
 モナさんも一仕事終わり、リラックスのリラ・リラで、二岡くんにしても“据え膳食わぬは男の恥”てなもんじゃなかったんですか。
 いい悪いは別にして、男女の仲、その場の雰囲気やムードに抗しきれないことは巷によくあるハナシです(もちろん、ボクなんかには無縁のことですが)。
 しかし、ご両人はスポーツ選手とキャスターという有名人。常に注目され、スキャンダルな言動を狙われる立場の人です。やることは一般ピープルと一緒でも世間の反応が全く違います。無防備で警戒レベルが低いことと、学習能力の無さに驚きます。
 二岡くんとモナさんの行為が社会的に批判をあびないためには、世間を欺むく知恵と勇気を持ちつづけ、かつ、何ぞの時には世間を黙らせる力を備えている等、大変なパワーとエネルギーが必要だと思います。皆さん、どない思はります?