2008年7月1日

一年の前半

 今日は、7月1日です。年頭に一年の計を考えてから半年経ちました。
 今年こそはと、心に何か考えましたが、そのことをいま思い出すことが出来ません。あわただしく夢のように去った半年でした。
 母が亡くなったのは、本年2月9日の早朝でした。前日の夜、いつものように夕ご飯を食べ、いつものように風呂に入り床に就いたのに、あまりに突然の死去で、すぐには信じられませんでした。思えばただ夢のようでした。
 親孝行も十分出来ないまま、人生無常の世とはいえ、あまりにもはかない現実であります。今となっては、いかに嘆き悲しんでも、母のみ霊をこの世に返すよしはなく、永遠の眠りをさますことも出来ません。
 57年の長きにわたつての慈愛と訓育に感謝するとともに、母の恩に報いるべく、まっしぐらに雄々しく生きていくことを、本日心に誓いました。