2008年5月27日

ケータイ

 昨日、政府の教育再生懇談会は福田首相に「必要のない限り小中学生が携帯電話を持たないよう、保護者学校関係者が協力する・・・。」等の報告をまとめ提出したとのこと。
 わたしの子が中学生か高校生の初めの頃、「AちゃんもBちゃんもCちゃんも皆ケータイ持ってはる。私も欲しい〜。」「学校へ持っていくなよ」とか何とかいいながらおねだり攻撃に根負けして、いわれたケータイを買い与えました。
 いつも手元に置いてひっきりなしに、食事中も風呂に行くときもずーとケータイを触り続けていました。大人なら仕事の連絡や報告もありますが、娘が常にポケットに携帯してそれなしにはやっていけない超多忙人間なのか。断じてそんなことはない、ただのオモチャで遊んでいるだけです。・・・失敗したと思ったとたん、娘からケータイを取り上げ床に思い切りたたきつけ壊してしまいました。
 ケータイをいじっていればいるほど、自由な時間が拘束され、その間の勉強や読書時間を失ってしまうことになり、ケータイを触っていることによる時間の浪費が腹立たしく感じられました。
 今、大人も子どもも便利さを追求するあまり、情報の洪水に押し流され埋没し、主体性を失いがちであります。ある一面では、その情報は一方的であり、かつ有害なものも含まれます。そして、子どもにおいてはそれらを取捨選択する能力は未だまだ無く、健全な生育に及ぼす危険すらなしとしません。