2008年1月12日

市議会議員特別セミナー

 10日〜11日、大津市唐崎の全国市町村国際文化研修所において標記セミナーが開催され出席しました。
 このセミナーは、財団法人 全国市町村振興協会(JIAM)が開催する研修ですが、今回、北は北海道から南は沖縄まで全国各地の市議会議員(282名)が参加しました。
 有益な研修会と市議各位の評価が高く、早めの参加申し込みをしておかないと参加希望者が多くて受講できません。しかし、わが会派会長の配慮と米原市議会事務局のご協力のおかげで、私たち“清風クラブ”の面々は毎回参加させていただいております。
 自治体の直面する問題、課題に的確に対応した内容で、私たち議員の業務遂行にたいへん役立つセミナーだと思っています。また、住民の皆さんの期待やニーズ、また社会情勢の変化等を感じとり、それらに迅速かつ正確に対処するための能力アップに繋がると思い参加しています。
 研修は、講義方式で行われ、一こま90分で終盤の10〜30分程、質疑応答の時間があります。
 質問をする人の中に、この先生にはこのことが聞きたいと、あらかじめしっかりと勉強してきているなと感じさせる方もいて、わが会派の会長と「レベル高いな」と感服してしまいました。
 ちなみに、今回の各テーマーと講師の先生はつぎの通りです。幅広い分野の勉強が出来ました。
?大久保 寛司氏「自治体運営の質を高めるには」
?天児 慧氏「今後のアジア情勢ー台頭する中国とどう付き合うか」
?宮脇 淳氏「地方分権時代の地方財政のあり方」
?木幡 寛氏「子どもを育てる教育ー本当の学力とは何か?」
null