2007年12月31日

「太郎」よやすらかに

 昨日、突然の別れがありました。
 愛犬「太郎」が、家に用事できた車にはねられて亡くなりました。短い鎖で繋ぐより、自由に動きまわれるようにと長いロープを使用していたのがあだとなりました。
 幾年生けるもの全てに死は訪れますが、いまの今まで元気な姿を見せていてくれた「太郎」の死はあまりにも突然すぎて、この現実をどう受け止めたらいいのか分かりません。
 家族の一員としてみんなの心を慰め、癒してくれました。15年の長きにわたって良き友として一緒に暮らしてくれました。その「太郎」の最後がこんなにあっけないものになろうとは悲しすぎます。
 清駒号(柴犬)、通称・北村太郎、享年15才
心から冥福を祈ります。さようならタロウ!
null
null