2007年12月4日

平成19年米原市議会第4回定例会はじまる

 本日、12月議会が開会されました。12月21日までの18日間の会期と決定したあと、各委員会に付託される案件を除き報告1件、人事案件6件を承認可決しました。
 また、議員発議によります「米原市議会の議員の定数を定める条例の一部を改正する条例について」を審議し、賛成多数で原案通り可決されました。
 本市議会では法定数26人を2人減員の24人として3年目に至っております。しかし、議会を取り巻く社会情勢の変化や行革といった観点から、議員定数を削減しようと4月以来、各会派などで議論をしてきたところであります。本日、賛成多数で「24人」を「20人」に改めることが可決されました。
 
 私は、会派の議論の場においては、合併後、あまり時間が経過していないことと、多様化した行政需要に対応するためにも段階的な削減がベターであるとの意見を言い理解を求めましたが、会派としては20人の定数でまとまり、その結論に従いました。
null