2007年6月22日

定例会の閉会

 平成19年米原市議会第2回定例会は本日が最終日であります。
 議案第56号〜議案第75号の案件は、それぞれの常任委員会に付託され慎重審議を終えています。。
 それらについて各委員長より報告があった後、採決が取られ付議案件は全て可決決定しました。
 また、追加議案として当局より、障がい者通所施設「米原作業所」整備費補助金として平成20年度から平成39年度までの期間で87,350千円を限度額とする債務負担行為の追加が提案され、即決で審議し、可決いたしました。
 続いて、議員発議による市長の専決処分事項の指定が提案されました。交通事故などによる法律上市の義務に属する損害賠償の額について100万円以内のものを定め、目的物の価額が一件100万円以内の事件についてする和解、あっせん、調停および仲裁に関することを指定するものです。
 事件、事故の対応や損害賠償等の折衝においては、迅速かつ適宜・適切に処理されなければならない側面があり、全てについて議会の議決を待てない場面も想定されます。したがって本件についても全員賛成で可決されました。
 次回、第3回定例会は8月27日(月)告示、9月4(火)開会の予定です。