2006年12月25日

映画鑑賞

 映画鑑賞は私の趣味の一つですが、二日にわたり二本の邦画を見ました。
 硫黄島からの手紙と武士の一分です。しっかり楽しみました。
 武士の一分は、“たそがれ清衛兵、鬼の爪”につぐ藤沢周平原作、山田洋次監督の三作目の作品で、どれも江戸時代の後半、東北地方のとある藩、下級武士、勧善懲悪というお約束の物語設定と進行ですが、私はたまらなく好きです。「ほんとに良いでがんす!」
 キムタクもいいですが、バイプレイャーとして存在感のある小林稔侍と赤塚真人、シブイです。うどんに七味、ラーメンに胡椒。失礼な言い方ですがほんとに無くてはならない調味料です。
 赤塚真人さん、時代劇では、どら平太、ラストサムライでも独特の存在感がありました。