2006年12月14日

総務教育常任委員会の傍聴

 本日から各常任委員会に付託された議案の審議が始まりました。
  今日は、総務教育委員会が開会され市立幼稚園の保育料改定にともなう条例改正についてなど14案件が審議されました。
 また、将来の米原市のまちづくり基本構想となる総合計画策定についての経過報告もありました。
 その他の件では、近江地域の小、中学校への学校給食供給について、近江地域の保守系議員が市長に要望していました米原給食センターの改築・拡充により、近江地域の学校給食の充実を図る案の説明が教育委員会よりありました。
 ついで、米原市は、共働きなどの事情で昼間子育てに不安のある家庭の児童を預かる放課後児童クラブを設置し、児童の健全育成に対する施策を実施していますが、放課後対策事業として、いま文科省と厚労省が連携して実施しようとしているものを米原市独自の施策として実現しようとする放課後子ども安心プラン(仮称)の概要説明がありました。
 このことについては、いろいろ議論のあるところとは思いますが、放課後の子どもの安全な居場所作り、学習支援の充実等、時代の流れ、背景を反映した施策と私は期待します。